デニムスカートの思い出 その2

前項の続き。

更に後で、ブルーデニムの丈の長いフレアスカートを履くようになるのですが(現在は2代目で、こちらの加齢に合わせたか、とある箇所にスリットが入っている→どこかは個人情報になってしまうのでないしょ)。
そういえばブラックデニムのフレアスカートも持っていたっけ。
本当は、当時好きだったギタリストの影響でブラックデニムのスリムパンツが履きたかったのだが、わけあってスカートで妥協してよくコンサートに着て行っていた若い頃(笑。かつて誰のファンをやっていて、今の年齢がいくつかわかる人にはわかるかもしれません)。

「ブルーデニムの丈の長いフレアスカート」というのは、お気に入りアイテムで寒い時期とウエストがきつい時以外は履いている。
冬には向かないアイテムみたいです。

このデニムスカートに、上に着るもの(季節によっては更に上に羽織るものがあるけれど)は白を合わせると、少しは可愛い自分になれたような気がしていた頃があった。

そういえば、「ブルーデニムの丈の長いフレアスカート」って、生地が薄いものが多いような気がする。
コレは何故か?
このブログを書いているうちに調べてみようと思う。
わーい、ひとつネタができた♪


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。